講師 & スタッフ

講師 & スタッフ

講師

Murielle Burellier (ミュリエル・ブレリエル)

90年代初期にロンドンの古本屋で古いヨガの本に出会ってから、ヨガへ深い興味をもつ。長年に渡って、ハタヨガ、アイアンガーヨガ、プラーナフローなど様々なスタイルのヨガを試しながら、2004年シヴァナンダヨガティーチャーの資格を取得。
2006年ロンドンにて、サラ・パワーズの陰ヨガに出会い、2009年にビクター・チャンのトレーニング、さらにシンガポール、サムイ島、カリフォルニアにて、陰ヨガの第一人者であるポール&スージー・グリレイに師事し、現在も陰ヨガの理解と実践を深めている。彼女の自然な洞察力のある直感で、今も自身のスピリチュアルな道への知識を広げ、発展させている。ミュリエルは、彼女自身の三つの側面(肉体、エネルギー、精神)におけるヨガ実践の価値を見出すために、日常的に陰ヨガを続けている。

ロンドンで5年以上、ヴァジュラヤーナの「ダイヤモンド・ウェイ」を学んでからは、瞑想的なアプローチに自然と引かれるようになり、スピリチュアルな道への志や探求を実践するための、陰ヨガの練習を採用した特定の学校よりも、仏教の教えに本質的なつながりを感じるようになる。彼女のアプローチは、陰ヨガ実践の本質をもたらす、呼吸に意識を向けた、あるがままの、優しく思いやりに満ちたものである。
また、彼女はPujiastuti Sindhuとともに出産前後のヨガも学び、出産時の大切な移り変わりに安寧と繋がりの感覚がもたらされるよう、安全な環境でクラスを提供している。
数年前から東南アジアを拠点に様々な場所でヨガ指導を行い、数々のヨガイベントでセバスチャンのアシスタントも行っている。


Sebastian Pucelle (セバスチャン・ピュセル)


1995年からヨーロッパやアジアなど国際的にヨガを学び、アシュタンガ、ハタヨガ、陰ヨガを通じて彼のヨガの旅が始まった。


25年以上に渡り、平穏なマインドを育む中でホリスティックな生活スタイルを継続、促進するために、陰ヨガを基盤とした学びへの探求を洗練し安定させながら、マーシャルアーツ、指圧、ヨガや瞑想を実践してきた。西洋の解剖学と経絡思想を結びつけながら、陰ヨガのその実践は癒しの効果、精神・霊的なシステムに近づいてきた。

2006年にロンドンのトライヨガスタジオでサラ・パワーズの陰ヨガに出会い、ヨガの実践の中でより瞑想的に精神統一することに感銘を受け、その後2009年にビクター・チャンに出会い、静かな実践の学びの中で、彼の興味が統合されていった。2011年より、陰ヨガの第一人者である、ポール&スージー・グリリーの卓越した専門技術と遊び心のある指導のもと、彼らのトレーニング(2014年タイ)をアシストするなどして、自身の学びを続けている。
ヨガ修練と東洋哲学への興味の中での広範囲に渡るトレーニングとともに、セバスチャンのトレーニングは呼吸法から導かれる陰陽のシークエンスと、強烈な力強さと深い瞑想的なくつろぎの幅をもたらすセッションを作り上げる瞑想を融合したものになっている。

セバスチャンの指導は、指圧師としての8年の経験、躰道二段の黒帯を保持する10年に及ぶトレーニングでさらに高められている。

彼の陰ヨガワークショップは「基盤の陰ヨガ」「経絡の陰ヨガ」「ヨガの道理」「陰ヨガのシークエンスの芸術」そして、「陰ヨガと瞑想」を盛り込んでおり、さらに50&100時間の「陰ヨガティーチャートレーニング」も提供している。

2012年夏のヨーロッパからアジアを拠点に大陸を渡り歩き、セバスチャンは人々に陰ヨガの実践と指導を広めるべくワークショップを実施している。


もう一つ大きく影響を受けているのは仏教の学びであり、アジア、ヨーロッパ、アメリカの多くのリトリートで瞑想を行っている。

2002年からは、ヴィパッサナー(ゴエンカ法)瞑想とサマタ瞑想(Ayya Khema & Pak Auk Sayadaw 法)、あるいは集中瞑想やマインドの浄化に主に興味をもっている。集中プラクティスでは、マインドの流れを集めて統合することで、全てを除外した瞑想の一つの対象への気づきへ還る。サマタ瞑想では、ディアーナ(無心)への到達を導く可能性のある「マインドの浄化」と言及される。
彼のヨガへの忠誠は広がり、洞察力とオリジナルのアプローチで、初心者から指導者まで全てのレベルの生徒にインスピレーションを与えている。



通訳


CHIHARU




バンコクで陰ヨガインストラクター・通訳として活動。
セバスチャン・ピュセル、サラ・パワーズ等に師事。中医学、アーユルヴェーダ、アロマテラピーなども取り入れ、病気になりにくい心身を作るためのヨガ指導を行っている。














スタッフ


ぬん(榊原慶祐) (Keisuke Sakakibara)


 1976年愛知県生まれ。神戸在住。
 2002年にインドのバラナシでヨガに出会う。


 自分自身の虚弱体質や心の浮き沈みが改善した体験をもとに、 2007年からヨガの指導を始める。 2008年、アンドレ・ラムとの出会いをきっかけに、 アンドレがヘッドティーチャーを務める、ダーマミトラー200時間ティーチャートレーニングに参加。 以降、人生が急速に加速する。

 2009年末に、8年務めた株式会社フェリシモを退職以降、ヨガを伝えることが生活の中心となる。 いろいろなヨガスタイルや、各種ボディワーク、心理療法、養生法などを組み合わせ、 奥深いヨガを、ゆるく楽しく伝えることを目指している。
 神戸を中心に、心の講座や、瞑想クラス、 ヨガ集中講座、ヨガ指導者養成講座などを開催するとともに、 人と自然が共生できる、やさしい世の中を目指し、 ゆるやかな、つながりの場づくりを続けている。
 ・インド中央政府認定ヨーガ講師
 ・インド中央政府認定ヨーガ療法士
・日本ヨーガ療法学会会員  
・全米ヨガアライアンス認定
・ダーマミトラーヨガ
・200時間ティーチャートレーニング修了


八幡 祐子 (Yuko Yahata)



福井県生まれ。神戸在住。
「なんとなく体にいいことがしたい」と2007年に地元福井でヨガを習い始め、心と体のつながりや自分自身を知ることのできるヨガや瞑想を生活に取り入れるようになる。 2014年秋にぬんヨガに出会い、自分が本当にやりたいことや自分の人生を生きること、を真剣に考え始め、同年末に治験コーディネーター職を退職。翌年2015年からヨガ指導を開始。現在は老人保健施設で看護師をしながら、ヨガ指導を行っている。2016年3月にセバスチャン&ミュリエルの陰ヨガティーチャートレーニングにスタッフとして参加。静かで瞑想的な陰ヨガの面白さに魅かれ、同年9月にロンドンにて同トレーニングのモジュール2に参加。
・陰ヨガティーチャートレーニング WITH YIN YOGA モジュール1&2修了

・全米ヨガアライアンス認定校 ぬんヨガ 200時間ティーチャートレーニング修了